保険ってそもそも入る必要あるの?

■生命保険には3つの種類がある

 

世の中には非常にたくさんの生命保険の商品があり、多くの人はこの膨大な商品数を目の前にした途端ギブアップ状態、『保険は難しい』となり見直しへのハードルが上がってしまいます。

そんな一見難解に見える生命保険ですが、大きく分けると3種類に分類することができます。

 

3種類とは、死亡保険/医療・がん・介護保険/生存保険の3つです。

生存保険は生死混合保険や貯蓄保険とも言われます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

【死亡保険】

言うまでもないことですが、死亡保険は被保険者(保険の対象となる人)が死亡したときに契約時に決めた保険金が支払われる保険です。保険金を受け取る人は必ず自分以外の誰かとなります。

 

【医療・がん・介護保険】

被保険者が病気や怪我と診断されたとき、治療のため医療サービスを利用したとき、介護の認定を受けた時に契約時に決めた保険金(給付金)が受け取れます。

保険金(給付金)を受け取る人は、ほとんどの場合被保険者自身です。

 

【生存保険】

被保険者が契約期間中に死亡した場合も、契約期間満了時に生存した場合も保険金(満期金)が受け取れます。

貯蓄保険とも言われ、保険(保障)つきの貯蓄手段として利用されることもあります。

 

 

■3つの分類で保険の必要度を見てみよう

 

生命保険の加入や見直しを検討するとき、何より重要なのはその保険加入の『目的』です。

つまり、何のために保険に加入する(している)のか?ということです。

この『目的』は、先に紹介した3つの分類に従って整理することができます。

 

死亡保険は被保険者の死亡によって起こりうる家族(保険金受取人)の経済的リスクを補うという目的の保険です。

ここでの経済的リスクとは、衣食住の日常的な暮らしや子の教育の機会が資金の不足によって侵されることを示します。

 

次に医療・がん・介護保険は、病気やけが・介護状態になった際自分自身や家族の経済的リスクを補うことが目的です。

 

そして生存保険の目的は言ってしまえば、お金を貯めることです。

あれ?おかしいですよね、保険なのにお金を貯めることが目的なんて…。

生存保険は生死混合保険や貯蓄保険とも呼ばれ、お金を貯めるという目的と万が一の際の保障という双方の目的を併せ持つことができます。

目的が合えば一石二鳥の効果があります。ただし、それぞれの商品により保障内容に大きな差がありますので注意が必要です。

 

更に重要なのは、あくまでも『保険』は『保険(保障)』だということです。

万が一の事態時(被保険者の死亡時、病気やけがで医療費がかかるとき)に家族や自分自身に経済的リスクがあるかないかを冷静に考えましょう。

 

親を死亡保険金の受取人に指定している契約をたびたび見かけます。子のあなたが親より先に亡くなってしまった場合、もちろん親は悲しむことでしょう。しかし、親はお金に困るでしょうか?

 

あなたに十分な貯金があるとして、病気や怪我を治すための治療費の自己負担分も払うことが厳しい状況でしょうか?

 

目的と経済的リスクの有無について冷静に考えてみたうえで、保険加入の必要度を点検してみましょう。